【中日】スカウトマン立浪



中日立浪和義監督(52)が15日、スカウト業進出を明かした。阪神に3連勝したチームは16日からの広島3連戦に備えて大阪から広島へ移動。敵地で行った若手らの練習を見守ると、10月20日ドラフト会議の話題を向けられ「極力、テレビをつけるようにしている。高校野球とか注目されている選手とか見るようにしている。戦力補強も先を見据えたプランでやっていかないと」と意欲を燃やした。
 すでにPL学園時代に春夏連覇した夏の甲子園大会にも、画面越しに目を光らせていた。「本塁打2本打った鶴岡東の捕手。ヤクルト村上の弟も楽しみ」。具体的に鶴岡東(山形)土屋奏人捕手(3年)、九州学院(熊本)村上慶太内野手(3年)の名前を挙げ、「二松学舎大付の1年生右打者もすごい。将来楽しみ」と片井海斗内野手(1年)にも注目した。右打者では、高校の先輩、83年の清原和博以来39年ぶりに「1年生4番アーチ」の姿をインプットした。
 スカウト登録も申請した立浪監督は「(遠征で)東京に行ったときに試合があれば見てみたい」と語り、巨人戦、ヤクルト戦の合間に神宮球場での大学野球視察にも前向き。甲子園期間中の編成会議は12日に終わったが、「そのうち出る」ときっぱり。来季を見据え“立浪スカウト”が積極的に動き出す。




<関連する記事>



【中日】立浪監督スカウト業進出意欲「鶴岡東の捕手。ヤクルト村上の弟も楽しみ」戦力補強見据え
…に「1年生4番アーチ」の姿をインプットした。  スカウト登録も申請した立浪監督は「(遠征で)東京に行ったときに試合があれば見てみたい」と語り、巨人戦、…
(出典:日刊スポーツ)

<関連する画像>