【大谷翔平】魔球だらけになってきたな・・・



エンゼルスの大谷翔平(28)が3日(日本時間4日)のアストロズ戦で投じた100マイル(約160.9キロ)のシンカーの衝撃が全米に広がっている。「ピッチング忍者」の異名を持つ米の投球解析の第一人者ロブ・フリードマン氏は米FOXスポーツに記事を掲載。同氏は新球を「ターボシンカー」と命名し、その経緯と威力を分析した。そして同氏が大谷の次なる第7の魔球として予測したボールとは?
 世界初の魔球だったのかもしれない。
 大谷がアストロズ戦の3回にマコーミックを見逃しの三振に打ち取った100マイル(約160.9キロ)のシンカーが日米の野球ファンの話題を独占。米で最も有名な投球解析家で、ダルビッシュ有とも議論を交わしたこともありツイッターのフォロワーが41万人を超えるフリードマン氏が、米フォックススポーツに分析記事を掲載した。
 同氏は大谷を「絶対的な打撃力(今季30本塁打)に(規定回数を投げている先発投手の間で)メジャーリーグトップの奪三振率とマックス・シャーザーとカルロス・ロドンの間に位置する投手としてのWARで4.6を誇るエース投手の力を合わせた神話の世界の人物だ」と絶賛。
 さらに「最も感銘を受けたのは投手として絶えず進化する能力だ。多くの偉大な選手と同様に、彼は決して現状に満足しておらず、常に打者の一歩先を行くために武器を改善しようとしている」と、その投球の進化に注目して、大谷の新球シンカーをクローズアップ。その新球を「ターボシンカー」と命名した。




<関連する記事>



大谷翔平の100マイル(約160.9キロ)新球は「ターボシンカー」…米投球解析の第一人者が予測する次なる”第7の魔球”とは?
…エンゼルスの大谷翔平(28)が3日(日本時間4日)のアストロズ戦で投じた100マイル(約160.9キロ)のシンカーの衝撃が全米に広がっている。「ピッ…
(出典:Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)

<関連する画像>