【オリックス】頓宮の資質開花


頓宮 裕真(とんぐう ゆうま、1996年11月17日 - )は、岡山県備前市出身のプロ野球選手(捕手、内野手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。 備前市立伊部小学校の1年時に、捕手として伊部パワフルズで野球を始めた。当時のチームメイトに、実家が隣同士で2歳年下の山本由伸がいた。当時は山本も
22キロバイト (2,378 語) - 2022年5月4日 (水) 09:47



オリックスの頓宮裕真捕手(25)が4年目で自身初となるシーズン2桁本塁打をマークした。2回の先頭打者として、則本の初球カーブを左中間席へ運んだ。
 「初球からうまく反応できました」。ベテランのT―岡田も戦列に戻っているなかで「5番・一塁」を任され、6試合ぶりの10号ソロが先制アーチとなった。楽天戦に限ると3試合連続アーチだ。
 亜大で14本塁打を記録し、ドラフト2位で入団。新人入団発表の席上で、外国人選手初の三冠王に輝いたブーマーと同じ背番号「44」を背負うことになったことから「ユーマーと呼んでください」と高らかに宣言した。ルーキーイヤーから本塁打は3本、2本、5本となかなか量産できなかったが、ついに長距離ヒッターの資質を開花させた。




<関連する記事>



頓宮、初の2ケタ本塁打! 4年目の資質開花「初球からうまく反応できました」【オリックス】
…◇12日 楽天―オリックス(楽天生命パーク宮城)  オリックスの頓宮裕真捕手(25)が4年目で自身初となるシーズン2桁本塁打をマークした。2回の先頭…
(出典:中日スポーツ)

<関連する画像>